専業主婦の借入は難しいの?

専業主婦は借入不可?!

なにげなく暮らしている日々の生活。そんな生活を支えてくれているのは、実は一家の大黒柱ではなく、縁の下の力持ちの主婦だったりします。

外で頑張って働いてきてくれるお父さんもありがたいですが、そのお給料で毎日やりくりしてくれているお母さんにも感謝です。

そうです。家計を支えているのは、実は縁の下の力持ちの主婦なのです。

特に、家庭のみを仕事場としている専業主婦にとっては他に収入源がなく、
夫の給料だけが頼り。

そんな専業主婦の方こそ、「ああ、お金を借りたい。」と思うことでしょう。

ところが、2006年の総量規制という法律改定により、専業主婦にはお金を借りることができなくなってしまったのです。

2006年から開始している総量規制により「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と定められてしまいました。

ということは……収入がない専業主婦(主夫)=借入総額が0(ゼロ)となってしまいます。ですから、消費者金融やクレジットカードなどを通してお金を借りることは不可能となってしまいました。

しかし、家計のやりくりをしているのは専業主婦(主夫)の皆さんです。彼らこそお金の借入が必要なことが多々あるはずです。

では、専業主婦の方々がお金を借りる方法は他にないのでしょうか?

専業主婦だってお金を借りたい!

専業主婦(主夫)の方でも利用できるローンがあります。銀行カードローンなら、専業主婦でも申込が可能です。

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングローンと比較すると、とてもよく似ています。契約が完了すると、ローンカードが発行されます。

そのカードを使って、最寄りのATMから融資金を引き出すことができるようになっています。引き出す金額はその都度自分で指定でき、利用限度額いっぱいまで何度でも利用できます。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、法律上、専業主婦(主夫)の方に対する利用制限はありません。

総量規制は貸金業法に付随している法律です。従って、銀行法の管轄下にある銀行のローンは全て対象外となっているからなのです。

ちなみに、専業主婦の方の理由に関しては各銀行で申込条件などがありますので、よくご確認の上ご利用下さい。

Updated: 2018年7月16日 — 7:00 PM
お金を借りるなら消費者金融?それとも銀行がおすすめ? © 2018 Frontier Theme