カードローンに必要な書類

カードローンの申込に必要な書類

銀行のカードローンは消費者金融と比較すると、審査の通過が難しいといわれています。その内容とはどんなものなのでしょうか?

まず、申込にはいくつかの書類の提出が必要です。本人が確認できる書類と、実際の年収が分かる収入証明書は特に重要です。

これは貸金業法により定められています。他にもローンの金額や個人の条件によって必要な種類が異なります。それぞれの状況に合わせて適切な書類を用意し、しっかり確認して提出しましょう。

まず用意すべき書類は以下の二つになります。

【本人確認書類】

銀行でも消費者金融でも、クレジットカードの信販会社にしても、身分証明書の提示は必須です。どこの誰かもわからないのにお金を貸すことはできませんからね。

身分証明書にはいくつかあります。

  • 免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

などです。

しかし、できれば顔写真の入ったものが一番理想でしょう。健康保険証なども身分証明書としては有効ですが、場合によっては「顔写真入りのものはありませんか?」と聞かれることもあります。

保険証だけでは他人のものを利用している可能性も否定できないからです。どうしても顔写真入りの身分証明書を用意できなければ、それで対応できないということはないので、きちんとその旨を話せば大丈夫です。

【収入証明書】

銀行のカードローンを利用するためには収入証明書も必要です。これも貸金業法により規定がありますので、法律に従って提出しましょう。

例としては……

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与証明書

などです。

給与明細と一緒に渡される源泉徴収票、住民税決定通知書があればそれが一番よいでしょう。また、確定申告書、所得証明書、給与証明書のいずれかでも提出できます。

給与明細書については、勤務している会社の給与明細によっては会社の社印が必要となる場合があります。もし、源泉徴収票や住民税決定通知書が手元にない場合には、所得証明書で対応するのがよいようです。

費用は発生しますが、公的なものとなるので後の面倒さがないのです。スムーズにお金を借りたいのであれば、給与明細書での対応は最終的なものと考えましょう。

以上が最低限必要な書類です。いずれにしても、提出の前には内容をしっかり確認しましょう。

Updated: 2018年7月16日 — 6:48 PM
お金を借りるなら消費者金融?それとも銀行がおすすめ? © 2018 Frontier Theme